タトゥーをしててもエステサロンで脱毛できる?

最近ではタトゥーをファッションの一環として取り入れている人が多いそうです。理由としてはタトゥーを入れることが手軽にできるようになったことや、タトゥーへの偏見意識が薄くなってきたことが多いようです。

 

そんなことから若い世代を中心として、タトゥーを入れる人が年々増加しているようです。そんなタトゥーなのですが、実は脱毛に深くかかわるある問題があるのです。今回はタトゥーと脱毛の関係について詳しくお教えしたいと思います。

タトゥーと光脱毛

現在、脱毛エステでの主流は光脱毛です。この光脱毛はムダ毛の毛根に含まれる黒い色素対して光が反応し、照射することで脱毛を行っています。ムダ毛の黒い色素に反応するようになっているのですが、肌の色素沈着やホクロなどにも反応してしまうのです。ですので、光脱毛をする多くのエステでは、施術前に美白ケアを行い、色素沈着などの改善を行ってから光脱毛をするという方法をとっているケースが多いです。もしこれがタトゥーの場合だとどうなるか。タトゥーというのは肌に直接染料を入れている状態です。

 

つまりタトゥーが入った部分の肌というのは他の所より色が濃いのです。そのため、光脱毛を行うとタトゥーの部分に反応してしまい、火傷のような状態になってしまうのです。火傷になってしまえば当然痛みがありますし、その後にも様々な肌トラブルを引き起こしてしまうリスクが高くなります。また、光脱毛を行ったことで、タトゥーの色が薄くなったという場合もあるようです。

 

タトゥーへの光脱毛にはそのような様々なリスクが伴いますので、ほとんどの脱毛エステ、クリニックなどではタトゥーの部分、またその周辺5cm以内の部分への光脱毛の施術は行われていません。ですので、タトゥーを入れている人は光脱毛をするために様々な制限があるのです。

 

タトゥーにはニードル脱毛がおすすめ

説明した通り、タトゥーへの光脱毛はできないのですが、ニードル脱毛という方法ならば脱毛が可能になります。ニードル脱毛は毛穴に直接針を差し込み、そこへ電気を流して脱毛します。この方法なら肌の色に関係なく脱毛することが可能なのです。しかし、ニードル脱毛にはデメリットの部分もあります。ニードル脱毛は毛穴ひとつひとつに対して施術を行いますので、時間や手間がかかります。さらに個人差はありますが、まれに強い痛みを感じることがあるそうです。実際にニードル脱毛を検討したい場合には、事前のカウンセリングやテストなどでしっかりと確認した上で受けることをオススメします。

シースリー