日焼けをすると施術を断られる可能性が高い!

近年、脱毛サロンで脱毛をする人が増えています。皆さんの中にも、エステ脱毛をしたいと思っている方は実際にサロンに通って脱毛中だ、という方が多数いらっしゃるのではないでしょうか。カミソリなどでの自己処理に比べて“肌に優しい”と言われるエステ脱毛。ですが、そんなエステ脱毛も、スムーズに進めるためには、いくつか気をつけるべきことがあります。

 

とくに注意したいのは「日焼け」。脱毛中は、普段よりも日焼け対策を念入りにしてください。それは、脱毛後の肌が、乾燥し敏感な状態になっているからです。脱毛をすると、施術のダメージによって(脱毛箇所の肌は)一時的にバリア機能が低下し、紫外線の刺激を受けやすい状態になってしまうのです。そのため、普段以上に注意が必要。いつもより色素沈着やシミといった肌トラブルが起きやすい脱毛後は、より丁寧に紫外線対策をするよう心掛けましょう。

 

日焼け止めクリームは必需品

脱毛施術を受けた直後の肌は、(一時的に)ダメージを受けた状態になっています。紫外線の刺激に対しても弱くなっているため、脱毛箇所は、必ず保湿をし、更に日焼け止めクリームなどで守ってあげましょう。日焼け止めクリームと一口に言っても色々なものがありますね。ですが、脱毛後の肌にオススメなのは“低刺激”のものです。

 

日焼け止め商品の中には、肌に負担をかける恐れがある商品(落ちにくい・肌に刺激となる成分が多いもの)も少なくありません。肌が敏感になっている脱毛中は、意識して低刺激のもの選ぶようにしましょう。

 

脱毛中の日焼けは厳禁

脱毛施術を受けた後は、肌が弱く敏感状態なので“日焼けはNG。同様に、脱毛施術を受ける前もまた、日焼けをしてはいけません。というのも、日焼けをしてしまうと脱毛がスムーズにできなくなる恐れがあるためです。多くの脱毛サロンで採用されている光脱毛は、(黒い色に反応する光を)毛根の色素に反応させることで脱毛を促すというもの。そのため、日焼けをして肌自体の色が濃くなっていると、脱毛施術が上手くできず、最悪の場合、(光が毛根だけでなく肌の色素に反応し)肌にダメージを与えてしまう危険さえあるのです。

 

よって、脱毛サロンで脱毛をする予定がある/脱毛中だという方は、日焼けをしてはいけません。
紫外線対策を徹底し、肌を焼かないように注意しましょう。

 

シースリー