脱毛前後の飲酒は控えましょう

エステサロンやクリニックでムダ毛を脱毛する際にはいろいろ注意しなければならないことがありますが、「飲酒をしない」というのも大事なポイントです。脱毛直後はもちろん、脱毛する前も飲酒は控えましょう。

 

どうして脱毛前後の飲酒がNGなのか

脱毛の施術前もですが、特に施術直後の飲酒は絶対にNGです。理由はいくつかありますが、一番は血行促進が悪影響を及ぼすためです。お酒を飲むと体温が上がります。適度な飲酒は血行を促進させる効果があり、普段なら健康にもよいとされています。しかし、脱毛直後は、レーザーなどによる熱が肌にこもった状態です。そんな状態のときにお酒を飲んでしまうと、この熱がこもった状態をさらに促進させてしまうのです。そうなるとどんな影響があるかというと、脱毛した部分の肌が、赤くなったりかゆくなったり…ひどいときには炎症を起こしてしまったりします。

 

また飲酒で血行が促進された結果、体が温まって発汗もしやすくなります。脱毛直後に汗をかくと、毛穴の炎症が起きることがあります。これは「毛嚢炎」と呼ばれる症状です。せっかく脱毛して毛がなくなったのに、炎症のあとが残ったりしたら残念ですよね。こんなことが起きないためにも、脱毛当日の飲酒は控えましょう。

施術前の飲酒もおすすめしません

脱毛の直後の飲酒によるリスクは上で述べましたが、脱毛前の飲酒についても同じくリスクがあります。アルコール成分が体に残ったままで脱毛の施術を受けると、上記と同じような肌トラブルが起きやすくなってしまいます。体内にアルコールが残っているという状態は、体がアルコールを分解しようとして、そのことにエネルギーを使います。ですのでそれ以外の体の免疫力が低下しやすいのです。免疫力が低下するということは、それだけ肌もダメージを受けやすくなり、炎症などのリスクが高まるということです。

 

頻繁にお酒を飲む習慣がある人も、施術日の前後3日くらいはお酒を控えましょう。忘年会や新年会などでどうしても飲酒が避けられない場合は、予約日も調整しておきましょう。また、気をつけなければいけないのはアルコールなので、ノンアルコールビールなどを飲む分には、安心です。

シースリー