自己処理は黒ずみのもと!エステで脱毛する方法がおすすめ!

私はムダ毛の処理を自分でしているのですが、わきの下やVIOラインなどに脱毛後、黒ずみができてしまって悩んでいます。

 

剃刀や毛抜きなどを使って脱毛すると、黒ずみができやすいという話を聞いたことがあります。黒ずみのできない正しい対処法が知りたいです。
また、エステなどへ行けば肌の黒ずみはできないのでしょうか。

黒ずみができない脱毛方法として、光脱毛という方法をオススメします。また黒ずみができた肌へは美白ケアをきちんとするのが正しい対処方法です。

 

身体の中でも、わきの下やVIOラインなどは特にムダ毛が気になる部分ですよね。実はこの部分、黒ずみができやすい部分でもあるんです。黒ずみの原因は、間違った方法で脱毛し、肌が刺激され、それがもとでメラニン色素の生成が活発化してしまい、黒ずみができてしまいます。身体の中でもとりわけ、わきの下やVIOラインは肌が柔らかいため、脱毛時に摩擦や剃刀などの刺激を受けやすく、よって黒ずみができやすいのです。

 

脱毛後に黒ずみにならない方法としては、光脱毛という方法があります。この光脱毛は肌に対する刺激や負担が少ないのが特徴です。肌への刺激や負担が少なければ、おのずとメラニンの発生を防ぎ、そして黒ずみを防ぐことにつながってきます。また、この光脱毛というのは刺激が少ない他にも、美肌効果や美白効果なんていうメリットがたくさんありますので、黒ずみ対策にはバッチリですし、とってもオススメの脱毛方法なんです。
多くのエステでは、この光脱毛と同時に、美白ケアを行っていることがあります。脱毛後のデリケートなお肌に、専用の美白クリームや美白ジェルでしっかりとケアすれば、黒ずみどころか、透明なツルツルの肌にもなれちゃいます。脱毛してキレイな肌を手に入れられたら言う事ないですよね。

 

しかし、一つ注意することがあります。もし、今お肌に黒ずみが発生している場合は、そのまま光脱毛をしてしまうと火傷を引き起こすおそれがあります。ですので、黒ずみをしっかり治してから脱毛しましょう。黒ずみの解消には美白クリームやジェルを使った美白ケアがもっとも効果的な対処法ですので、それらでしっかりと黒ずみを治してから、光脱毛にのぞまれることをオススメしたいと思います。

シースリー